fc2ブログ

専修大学OB・OGを応援するブログ

旧・専修大学校友会葛飾支部ブログ

専大OBの長谷川勇也選手がプロ野球を現役引退。大変お疲れ様でした!

専修大学OBでプロ野球パリーグの長谷川勇也選手(ソフトバンクホークス)が本日9日に引退を発表しました。
長谷川選手は専修大学時代1年生の春からレギュラーに定着し、3年生の秋には東都大学リーグ2部で首位打者、4年生秋には41打数14安打で打率.341、6本塁打を打ちMVPを獲得し、専大が9季ぶりとなる1部昇格を果たした東都古豪復活の立役者となりました。東都大学で通算18本塁打。同期に元巨人のツの松本哲也さん、1学年下の後輩に同じく元巨人の土本恭平さんらと共に活躍しました。
2006年のドラフト5巡目でソフトバンクに入団。2年目の2008年に1軍デビューし、翌年からからレギュラーに定着。2013年には144試合に出場し打率.341、198安打をマークし首位打者と最多安打のタイトルを獲得しました。2014年に試合中に大けがをして、それ以降はケガとの闘いながら出場機会には結果を残してきました。プロ通算は1232試合に出場し1108安打、打率.288、76本塁打434打点の成績を残しました。野球にストイックで、専大OBらしい質実剛健で努力を欠かさない姿勢が印象的。勝負どころに滅法強く、安打製造機と呼ばれた名選手で、ケガさえなければ恐らく2000本安打は確実であったでしょう。ちなみに背番号24は専大時代から愛着のある番号で、本人が強く希望して2012年から変更したとのことです。
本日現役引退となることを知り本当に残念でなりませんが、長谷川選手のこれまでのご活躍とケガと闘い続けた努力の姿勢に敬意を表します。15年間本当にお疲れ様でした!!

20211009s00001173018000p_thum.jpg 写真はスポニチアネックスより転載
スポンサーサイト



全日本卓球選手権で専大OB及川瑞基が初優勝!

bc6544b7d463cdc6fba7a15a32eadb5c.jpg


「天皇杯・皇后杯 2021年全日本卓球選手権大会」最終日の1月17日、男子シングルス決勝で専大OBの及川瑞基さんがゲームカウント4-3の接戦を制し、悲願の初優勝を果たしました。おめでとうございます!

写真はテレビ東京卓球ニュースより掲載

仲川輝人さん、2019年JリーグMVPに輝く!

専修大学OBの仲川輝人(平成27商)さんが、2019年JリーグのMVPに輝いた。

仲川さんは2013年、専修大学3年に関東大学1部リーグ得点王を獲得し、専大サッカー部の関東大学リーグ4連覇、大学日本一の中軸選手で、ユニバーシアード代表にも選出されるなど「大学No.1」とも評されていいました。2015年、横浜F・マリノスに入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡への期限付移籍を経て、2018年に横浜F・マリノスに再復帰。 2019年は持ち前のスピードを活かしてリーグ戦で15得点を決め、チームはJ1優勝。仲川さん個人としてもJ1得点王とJリーグMVP、ベストイレブンを獲得しました。
今年4月のニュース専修にも仲川さんの記事が掲載されています。
Jリーグ再会後、仲川さんほか、京都サンガFCの庄司悦大さん(平成24経済)、浦和レッズの長澤和輝さん(平成26経営)など仲川さんと共に専修大学サッカー黄金期を支えた選手たちの活躍を期待してます。


2612817895df9fef752835.png

Jリーグ公式ホームページより掲載




専大OB 高橋礼投手(ソフトバンク) プロ野球初勝利!

専修大学OBのソフトバンク・高橋礼投手が、3月31日の西武戦に先発し、6回4安打1失点の好投でプロ初勝利をマーク。
おめでとうございました。
昨年のプロ1年目は12試合に登板し0勝1敗。日本シリーズの大舞台でも活躍しました。
先日は150万円を母校の専大に寄付するなど、大変素晴らしい若者です。

今年は若手を中心とする日本代表にも選出され、大いに飛躍が期待されています。
この若鳳にご声援を!!

高橋礼1

写真はスポニチアネックスより転載


総選挙結果

専大卒の候補者の総選挙結果をお知らせします。

   北海道9区   堀井 学さん  (自民党)    当選
   北海道10区  稲津 久さん  (公明党)    当選
   東北比例    小熊 慎司さん (希望の党)  当選
   北関東比例   中根 一幸さん (自民党)    当選
   千葉12区    浜田 靖一さん (自民党)    当選
   石川 1区    馳   浩 さん (自民党)    当選